トップページヘ人気ブログランキングに投票厳選コラム集順位バトル 第8節 終了時点お気に入りに追加
全記事一覧[投票中]中村俊輔は必要か?Jリーグコラム’07Match Reportの一覧注目!Match Reportを作成する

J3

J1・J2を幅広く網羅するサッカーコラム。2007年1月4日開設。YAHOOカテゴリー登録サイト。

磐田×広島 際立つ存在感を発揮する駒野

■ 4対2で磐田が勝利

前節はG大阪戦で2対5と大敗を喫したジュビロ磐田が、ホームのヤマハスタジアムにサンフレッチェ広島を迎えたJリーグ第8節。

磐田は、中山とカレンの2トップ。FW出場の多かった、日本代表候補の太田を右の攻撃的MFに起用した。負傷者の多いCBは、大井と菊地。

対する広島は、中盤の要のMF青山を警告累積で欠く苦しい陣容。青山の代役には、MF高柳が先発。

試合は、前半は磐田のペース。前半4分、左サイドの上田の高精度のクロスを、ゴール前のカレンがフリーであわせて先制。さらに、前半38分には、上田のCKからDF大井が頭で合わせて追加点。大井は記念すべきJリーグ初ゴールとなった。前半は、磐田が2対0でリードして折り返した。

後半は、立ち上がりから、広島が攻め込む。開始早々、右サイドの駒野のアーリークロスをFW佐藤寿人が頭で合わせて、1点差に詰め寄る。その後は、広島の時間帯。運動量が落ち始めた磐田を攻守で上回るが、同点ゴールは奪えなかった。

押され気味の磐田だったが、後半23分、カウンターから右サイドバックの犬塚のクロスをカレンが合わせて3対1と突き放す。後半36分、広島は、佐藤寿人の突破からPKを獲得し、そのPKをFWウェズレイが決めて再び、1点差に詰め寄るが、後半41分、左サイドから太田のクロスを成岡が頭で合わせて4対2。結局、そのまま、磐田が勝利し、ホームでは4戦全勝となった。

■ 奮闘光る中山

前半は、磐田が本来のパスサッカーを披露し、広島を圧倒した。ここまで、よくボールが回ったのは、今シーズン初めてだっただろう。ボールがうまく回った理由は、2トップ(カレン&中山)にしたことで、前線で受けてが増えたことか挙げられる。特に、FW中山が低い位置まで下がってきて、味方をうまく使うプレーが光った。

また、ボランチのファブリシオとパラナが上下左右に精力的に動いて、両サイドバックの犬塚と上田の攻撃参加を促したことも見逃せない。犬塚のポジションは、ウイングに近い位置を保って、太田とのコンビでチャンスシーンに多く絡んだ。

ただ、いい感じでボール回しが出来ているにもかかわらず、つまらないミスで攻撃の流れをストップさせてしまうことが多く、ポゼッション率の割りには、ゴールチャンスは少なかった。その点は、次節に向けての課題といえる。

■ ストライカーとして覚醒しつつあるカレン

2ゴールを挙げたFWカレン。これで、今シーズンは4ゴールとなったが、いずれのゴールも素晴らしい。4得点とも、フォワードらしい絶妙のポジショニングから生まれたゴールであり、ゴールへの嗅覚が研ぎ澄まされてきている。

カレンというと、日本人離れした骨格の太さから生み出されるダイナミックなプレーが持ち味だが、今シーズンは、ゴール前の動きに、長足の進歩を感じる。

■ 圧倒的な存在感を見せる駒野

試合には敗れはしたものの、広島の右ウイングバックの駒野のパフォーマンスは、この試合も圧倒的だった。対面の五輪代表の上田とのマッチアップでも優勢で、開幕から、際立つプレーを見せている。

一番のよさは、なんと言ってもクロスの精度の高さ。クロスの総数が、千葉のMF水野に次いで2位と本数も多いが、1つ1つのボールの質も文句のつけようがない。

広島の両ウイングバックは、右が駒野で、左が服部。この両サイドは、自らが主導になって、(メンバーを代えることなく、)攻撃モードと守備モードの切り替えができる点が、他のサイドプレーヤーにない魅力である。




人気ブログランキングに参加しています。「この記事がよかった。」というときは、清き一票をお願いします。↓

人気blogランキングへ一票129







ジュビロ磐田 採点

GK 川口 5.5

→ 佐藤寿人のゴールシーンは、飛び出しの判断ミス。それ以外は、問題なかった。

DF 犬塚 6.0

→ 右サイドで、積極的なプレーを見せた。だが、軽率なミスが多いのは気になる。

DF 大井 7.0

→ Jリーグ初ゴールで、MOM。

DF 菊地 6.0

→ CBでプレー。後半に運動量が落ちたが、それまでのプレーは悪くなかった。

DF 上田 5.5

→ 2アシストも、らしくないパスミスが多かった。

MF ファブリシオ 5.5

→ 献身的にプレーしたが、イージーミスも多かった。本調子ではない印象。

MF パラナ 6.5

→ カバーリングが光った。展開力はないが、気の利いたプレーを見せた。

MF 太田 6.0

→ いつもより下がり目でのプレー。1アシストも、プレー機会は多くなかった。

MF 成岡 6.5

→ 素晴らしいヘディングゴール。消えている時間も多かったが、危険度は高かった。

FW 中山 6.5

→ 相手マークを引き連れる動きが秀逸。ただ、シュート精度は低かった。

FW カレン 7.0

→ 文句なしの2ゴール。守備でも貢献したが、組み立てに参加するシーンが少なかったのはマイナス。




人気ブログランキングに参加しています。Jリーグを愛する、Jリーグサポーターの人は、投票してくださいね。↓

人気blogランキングへ一票129


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://llabtoof.dtiblog.com/tb.php/129-df0b67d2

シャネル アウトレット

ありどうやら A 束から知るこれについて。 I 考えるまた機能に| 素敵良い点は様々な特定のいくつかのを作りました。

ニューバランス スニーカー

初心者として、私は常に絶えず 探索することができます記事のためのオンラインへの支援であること??私。ありがとう

ニューバランス

私はありません 理解です 方法{あなたがしている|あなたは今ではない|しない|もはや} 実際に もっとたくさん よく - {スキ|感謝|待遇|あなたはかもしれないより優先|今かもしれない|今} 。 あなたがしている そう非常にインテリジェントな。 あなたが認識 こうして かなり この私の部分のために作られた私問題 、 私の考えで {信じる| からは想像それ|を考える非常に多くの|数多くの|多くの} 多数角度。 あなた個人が詰め込む素敵 。 {必ず|いつ|すべての回での世話を|保守| |ハンドルを扱う

クロムハーツ ネックレス

間違いあなたが 言っていると信じています。お気に入りの正当化はは店頭最も簡単なに注意すべきこと| 上ように見えたように思われた 。私はあなたに言う、私は間違いなく 確かに得る震撼しばらく人考える | しません知って、彼らは単にはっきりことを心配している。 、人々がすることができます でした信号を取る| 副作用は副作用なく全部うちに定義するには、トップ上に釘を打つことをどうにかと同様 。 そうう多くを得るために戻って。感謝

chrome hearts

非常に効率書き込む記事 。それは次のようになります役立つから誰誰使用のそれ、 含む あなた本当に:) 。 良い仕事を続けてください - 私がチェックします確かに以上の記事を。

クロムハーツ

J3 磐田×広島 際立つ存在感を発揮する駒野

グッチ アウトレット

J3 磐田×広島 際立つ存在感を発揮する駒野

 | TOP | 



質問 俊輔には、来期、どこでプレーして欲しいですか?
セルティック(スコットランド)
リーガエスパニョーラ(スペイン)
プレミアリーグ(イングランド)
Jリーグ
その他

コメント



- ショッピングカート -

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Categories

Jリーグ division1
 ├Jリーグ全般 (14)
 ├鹿島アントラーズ (2)
 ├浦和レッズ (3)
 ├大宮アルディージャ (2)
 ├ジェフ千葉 (3)
 ├柏レイソル (1)
 ├FC東京 (4)
 ├川崎フロンターレ (3)
 ├横浜Fマリノス (1)
 ├横浜FC (2)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (0)
 ├アルビレックス新潟 (2)
 ├清水エスパルス (5)
 ├ジュビロ磐田 (4)
 ├名古屋グランパス (3)
 ├ガンバ大阪 (3)
 ├ヴィッセル神戸 (2)
 ├サンフレッチェ広島 (2)
 └大分トリニータ (4)

Jリーグ division2
 ├コンサドーレ札幌 (1)
 ├ベガルタ仙台 (0)
 ├モンテディオ山形 (0)
 ├水戸ホーリーホック (1)
 ├ザスパ草津 (2)
 ├東京ヴェルディ1969 (1)
 ├湘南ベルマーレ (2)
 ├京都サンガFC (3)
 ├セレッソ大阪 (0)
 ├徳島ヴォルティス (1)
 ├愛媛FC (0)
 ├アビスパ福岡 (0)
 └サガン鳥栖 (0)

海外リーグ所属選手
 ├中村俊輔 (7)
 ├中田英寿 (1)
 ├森本貴幸 (1)
 ├宮本恒靖 (1)
 ├高原直泰 (1)
 └松井大輔 (1)

日本代表
 ├日本代表 (12)
 ├五輪代表 (3)
 ├U20日本代表 (0)
 └U17日本代表 (0)


Recent Trackbacks

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約