トップページヘ人気ブログランキングに投票厳選コラム集順位バトル 第8節 終了時点お気に入りに追加
全記事一覧[投票中]中村俊輔は必要か?Jリーグコラム’07Match Reportの一覧注目!Match Reportを作成する

J3

J1・J2を幅広く網羅するサッカーコラム。2007年1月4日開設。YAHOOカテゴリー登録サイト。

川崎×全南 GL突破は間近

■ グループリーグ突破に向けた大一番

川崎は、いつもの<3−5−2>だが、FW我那覇が諸々の事情で出場できないため、FWにチョン・テセ。ジュニーニョと2トップを組む。伊藤・寺田・箕輪の3バック。谷口と中村のダブルボランチ。

前半8分、チョン・テセからのスルーパスを受けたMFマギヌンがフリーに近い形でシュートを放つが、シュートは枠を外れた。

前半12分、全南の直接FKの場面で、グラウンダーでシュートを放つがGK川島がキャッチ。

前半19分、マギヌンのFKから、相手DFと競り合ったMF谷口の背中に当たってゴール方向に飛んでいったが、惜しくもゴールの右隅に外れた。

前半21分、MF中村のFKから箕輪がPKエリア内でフリーの状態になって、中央に折り返すが、ややパスが高すぎてGKにキャッチされる。

前半23分、全南のFKのチャンス。FWレアンドロがグラウンダーのシュートでゴールを狙うが、ゴールを外れる。

前半25分、中央でボールを受けた中村が左サイドの村上に素晴らしいスルーパスを通すと、村上が中央に折り返す。チョン・テセのシュートは相手DFにブロックされるが、こぼれ球をFWジュニーニョが押し込んで先制!!!!!。

前半30分、サンドロヒロシを投入。

前半37分、左サイドでジュニーニョがキープして、村上にパス。フリーでボールを受けた村上が、中央にクロスを送るが、マギヌンのヘディングシュートはGK正面。

前半38分、カウンターから4対2の形を作る。ボールを持ったFWチョン・テセが素晴らしい弾丸ミドルを放つも、惜しくもポストにはじかれる。

前半39分、DF箕輪が中途半端なプレーでボールを失う。全南に右サイドのスペースをつかれて、FWレアンドロにシュートを打たれるが、枠を外れる。

前半40分、カウンターから中村がジュニーニョにスルーパス。左サイドに流れたュニーニョからの折り返しのパスを受けた中村が、相手DFをかわして、GKの位置を良く見て、フリーで左足のシュートを放つも、ゴール右に外れる。

前半43分、マギヌンのCKから、相手DFのクリアミスをゴール前の寺田が高い打点からヘディングシュートを放つもGK正面。

前半は、川崎が1対0でリードして折り返す。

後半6分。サンドロヒロシのFKがネットに突き刺さるも、先にレフェリーの笛がなっていたということで、やり直しになる。

後半12分、直接FKのチャンス。トリックプレーから、左サイドに流れた中村がパスを受けて角度のない位置から強烈なシュートを放つがGKにセーブされる。

後半13分、ゴール前、絶好の位置からマギヌンが直接ゴールを狙うが、壁に当たる。

後半16分、右サイドでパスを受けたジュニーニョが中央にグラウンダーのクロスを送るが、惜しくも村上に合わず。

後半17分、CKからDF箕輪がヘディングで狙うも、GKキャッチ。

後半20分、カウンターからFWジュニーニョがドリブルからシュートを放つが、シュートをふかしてしまう。

後半34分、ジュニーニョがドリブルから左足でシュートを放つが、枠を外れる。

後半36分、左サイドでボールを受けたジュニーニョが、相手DF2人をかわして中に進入すると、中のチョン・テセがクロスをあわせて追加点!!!!!

後半39分、カウンターから左サイドから抜け出たマギヌンからのグラウンダーを、中央のチョン・テセが押し込んで3点目!!!!!

後半44分、全南に中央突破されてフリーでシュートを打たれるが、枠外。

結局、3対0で川崎が完勝。グループリーグ突破に向けて、大きく前進した。

■ 2ゴールのチョン・テセ

我那覇が使えない状態で、代わりに先発出場したFWチョン・テセが2ゴールの活躍で、勝利に大貢献した。

ジュニーニョ・マギヌン・チョンのトライアングルは強烈で、リードしたあとの時間帯は、ほぼ3人だけでゴールに迫っていって、決定的な2点目と3点目をネットに突き刺した。

チョンは、これまでは、我那覇や黒津に続く4番手のフォワードと位置つけられていたが、強さと速さは、我那覇や黒津にひけをとらない。ゴールシーンの位置取りも見事だったが、一番鮮烈だったのは、前半38分のミドルシュートの場面。惜しくもゴールにならなかったが、素晴らしくミートしたインパクトの強いシュートだった。

■ 変幻自在のマギヌン

今シーズンの川崎は、表記上は2トップだが、実際には、CFの下にマギヌンとジュニーニョが並ぶ、3トップ気味の布陣といってもいいくらいである。

ジュニーニョの活躍ぶりは、相変わらずといったところだが、やはり、驚きははマギヌンのプレーぶり。昨シーズンは、途中加入にもかかわらず、チームの車輪として十分な活躍をみせたが、今シーズンは、開幕から際立つプレーを見せて、ジュニーニョ・中村と並ぶ、攻撃の核となった。

マギヌンのよさは、運動量が豊富で、相手DFが非常に捕まえにくいポジションを取るのがうまいことにつきる。さらに、テクニックもスピードもあって、ジュニーニョとのコンビネーションもいい。非常にやっかいなプレーヤーである。

■ 熟成を感じる先取点の後のプレー

前半25分に先制ゴールを奪った後は、川崎は、少しラインを引いて、カウンタ主体のサッカーに変身した。

Jリーグのチームは、90分間、いいサッカーをしようとする傾向が強いが、川崎は、守るべき時間帯は、しっかりと引いて守備を固めることもできる。

■ 力の差を見せられた全南

2試合合計で、1対6と完敗した全南。途中出場のサンドロ・ヒロシや、レアンドロらの個人技は警戒すべきレベルにあったが、それ以外では、特に見るべきものはなかった。

川崎のプレスがまずまず機能していたこともあったが、全南の攻撃は行き当たりばったりで、脅威ではなかった。

■ ダーティーなプレーにはレッドを!!!

試合終了間際に、ジュニーニョに対する全南の22番の悪質なタックルをめぐって、両チームが小競り合いを演じた。リプレーで見直す限り、完全に後ろからタックルに入っており、悪質極まりなかった。

その直後に、一番近くで見ていた、森がタックルした相手に詰め寄っていった。「また、森か!?」という感じもするが、この森の行動は理解できなくもない。幸いにも、ジュニーニョに怪我はなかったが、一歩間違えると、大怪我につながる危険なタックルであった。

レフェリーの判定は、イエローカード止まりだったが、これは、しっかりと、レッドカードを提示すべきであった。(また、22番につめよった川崎の森の首を、15秒程度にわたって絞め続けた20番にも、レッドカードを提示すべきだった。)

ACLは、アジアチャンピオンを決める格式の高い大会である。自分達のプレーレベルの低さから生まれたイライラを相手の中心選手を削るプレーで晴らそうとするプレーは、断固として取り締まらなければならない。

■ 見事な勝利を見せた川崎

これで、川崎は、次節のホームでの試合に勝てば、グループリーグ突破が決まる。これまでの試合を見る限り、グループ内で川崎の力が抜けていることは間違いないが、落ち着いて、勝利をもぎ取って欲しい。




人気ブログランキングに参加しています。「この記事がよかった。」というときは、清き一票をお願いします。↓

人気blogランキングへ一票128


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://llabtoof.dtiblog.com/tb.php/128-7f30b1c1

ニューバランス

私はできるだけ愛さあなたは意志受け取る右ここに行った。あなたの執筆材料 、 | 魅力的な味わい深いスタイリッシュなスケッチです。それにもかかわらず、あなたのコマンドを取得買った edginess は、以下を提供すること願っている以上の。 として以来、まったく同じではほぼ 非常によくあるケースの内側には、このをシールド再び以前| 複数のさらなる体調は間違いなく来る。

ニューバランス 996

あなたに感謝 、 私がしました だけ 探しき情報 約このトピック しばらく 私が持っている {分かっ|これまでのを発見| |に出くわしました今まで}長い時間}とあなたは{最適です。 しかししかし、何に関しては 結論? ソース に関する約 正の一定の確認あなたは?

クロムハーツ ピアス

グッドブログ 。私は本当に |よく書かれている私の目とデータに簡単簡単それがどのように愛しています。 私は私はどのように思ってかもしれない 場合は、必ず新しい投稿がなされた通知。 私が持っている 、トリックを行う必要があるあなたのフィードRSSフィードにサブスクライブ。日| 偉大な素敵ながあります。

クロムハーツ 財布

やあ、 私は本当に嬉しい私がいますこの情報が見つかりました。 今日 |ゴシップについてあくまでもとインターネットブロガーが公開し、これは本当に 刺激 。良いウェブサイト エキサイティングとコンテンツ、 {これが| つまりだ}私は必要なもの。 ありがとう 、 私は意志それを訪問するこのサイトを維持するため。あなたはニュースレターをしていますか? できないそれを見つける。

クロムハーツ

J3 川崎×全南 GL突破は間近

グッチ アウトレット

J3 川崎×全南 GL突破は間近

ACL浦和/上海申花から1ショット

AFPBBの写真ニュース、プロ野球やJの時事通信ものが使えない事が多くて残念ですが、アジアの話題という事で、AFP写真がありました。 試合は、TVをちら見してましたが、アウエイにも関わらず、レッズサポーターの皆さんの声援が頼もしかったです。遠征された方々御苦労様です

 | TOP | 



質問 俊輔には、来期、どこでプレーして欲しいですか?
セルティック(スコットランド)
リーガエスパニョーラ(スペイン)
プレミアリーグ(イングランド)
Jリーグ
その他

コメント



- ショッピングカート -

Calendar

« | 2017-12 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Categories

Jリーグ division1
 ├Jリーグ全般 (14)
 ├鹿島アントラーズ (2)
 ├浦和レッズ (3)
 ├大宮アルディージャ (2)
 ├ジェフ千葉 (3)
 ├柏レイソル (1)
 ├FC東京 (4)
 ├川崎フロンターレ (3)
 ├横浜Fマリノス (1)
 ├横浜FC (2)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (0)
 ├アルビレックス新潟 (2)
 ├清水エスパルス (5)
 ├ジュビロ磐田 (4)
 ├名古屋グランパス (3)
 ├ガンバ大阪 (3)
 ├ヴィッセル神戸 (2)
 ├サンフレッチェ広島 (2)
 └大分トリニータ (4)

Jリーグ division2
 ├コンサドーレ札幌 (1)
 ├ベガルタ仙台 (0)
 ├モンテディオ山形 (0)
 ├水戸ホーリーホック (1)
 ├ザスパ草津 (2)
 ├東京ヴェルディ1969 (1)
 ├湘南ベルマーレ (2)
 ├京都サンガFC (3)
 ├セレッソ大阪 (0)
 ├徳島ヴォルティス (1)
 ├愛媛FC (0)
 ├アビスパ福岡 (0)
 └サガン鳥栖 (0)

海外リーグ所属選手
 ├中村俊輔 (7)
 ├中田英寿 (1)
 ├森本貴幸 (1)
 ├宮本恒靖 (1)
 ├高原直泰 (1)
 └松井大輔 (1)

日本代表
 ├日本代表 (12)
 ├五輪代表 (3)
 ├U20日本代表 (0)
 └U17日本代表 (0)


Recent Trackbacks

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約