トップページヘ人気ブログランキングに投票厳選コラム集順位バトル 第8節 終了時点お気に入りに追加
全記事一覧[投票中]中村俊輔は必要か?Jリーグコラム’07Match Reportの一覧注目!Match Reportを作成する

J3

J1・J2を幅広く網羅するサッカーコラム。2007年1月4日開設。YAHOOカテゴリー登録サイト。

五輪代表 香港戦 レビュー

[チケット情報]

スポーツチケットなら@電子チケットぴあ

J1 全18チーム・チケット情報

J2 全13チーム・チケット情報

やっぱり、サッカーはスタジアムで・・・。
ちなみに、この2試合↓のチケットをゲットしました。楽しみ!!!

この試合
この試合


[告知]

J1順位予想受付中 ・・・ 現在参加者数=28名     詳細

クリック → J1 順位予想対決に参加する。





■ アジア予選がスタート

北京五輪代表のアジア予選がスタート。日本は、ホーム国立で、香港と対戦した。

日本は先日のU−22米国戦と同じく、平山・カレン・李の3トップが先発。立ち上がりから香港ゴールを攻め立てて、前半11分に平山のゴールで幸先良く先制に成功する。その後も水野を起点に決定機を何度も迎えたが追加点は奪えず、前半は1−0のリードで終えた。後半に入り、日本は李に代えて家長を投入。21分には、水野のアシストから梶山が追加点を挙げた。38分には、家長のドリブル突破から最後は増田が3点目を決め、試合を決定付けた。

U−22日本代表は3月14日、アウエーで第2戦のマレーシア戦に臨む。ホーム&アウエー方式のアジア2次予選は、各組上位2チームが8月からの最終予選に進む。

■ 機能しない3トップ

前半の日本は、<3−4−3>という布陣だったが、米国戦と同様に機能しなかった。平山の周りに、高さもあってハードワークのできるカレン&李を配置するという考え自体は悪くはないが、米国戦でほとんど機能しなかった布陣を2試合続けて採用したことに関しては、かなり疑問を感じる。

この3トップの問題点は、以下の3点。

? カレンと李の役割分担の不徹底
? 水野と本田の活用するスペースを消すこと
? ビルドアップで梶山と青山敏(本田拓)に負担がかかりすぎること

いずれも、米国戦から見られた課題だが、何も改善されていなかったのは残念。前半はFWカレンが奮闘したが、FW李はほとんど画面に出てこなかった。コンディショニングの問題なのかもしれないが、2試合続けて、彼らしいらしいプレーは見られなかった。

■ 交代によって活性化

機能しなかった前半のフォーメーションに対して、李→家長、カレン→増田、青山→上田と3人の選手を投入することで、次第に内容が良くなっていったことは、皮肉だった。

この世代は結果だけが重要というわけではないので、この試合でサブに回された、MF家長、MF増田、MF上田が発奮して、途中出場からの好プレーにつながったとしたら、それはそれで成功なのだが、反町監督が、どういう意図で3トップを採用したのか、聞いてみたいポイントである。

■ ベストはやはり<3−6−1>

この試合の最初の70分と残りの20分とでは、同じチームとは思えないほど、サッカーの質が違った。特に、MF増田が投入されたあとの時間帯は、ボールがテンポよく回りはじめて、サイド攻撃も活性化した。カレンや李も精力的に動いて引き出そうとしていたが、その動きはゴールに直結するものではなく、相手DFとしては一発でやられるという怖さはなかっただろう。一方、増田は、相手DFと相手MFのギャップに入りこんでボールを受けようとしていたため相手DFの注意をひきつけることに成功し、その結果、周りの選手もプレッシャーの少ない状況でボールを受けることが可能になった。

それしても、本田圭・水野・梶山・家長・上田・増田の6人で組んだときの中盤は、非常に流動的で、流れるような攻撃は見事であった。本田圭&家長&上田という3人のプレーエリアの重なるレフティトリオをどう共存させるかが、反町監督に与えられた使命のひとつであったのだが、この試合で、(偶然の要素が強かったが、)ひとつの形が見られたのは、大きな収穫だった。

この時間帯まではFW平山に使われる側(従う側)だった中盤が、逆に平山のよさを利用して自分達(中盤)のよさを発揮しようという姿が見られるようになったことも、面白かった。これまでの試合では、ロングボール&クロスを多様して自分のよさである高さを最大限に生かしたいという平山と、サイドからどんどんアタックしてサイドから主導権を握りたいと考える本田や水野や家長と、中盤でパスを回してチームみんなで崩したいという増田や梶山と、3者3様の意見がピッチ内で対立し、結局、どういうサッカーで崩したいのか曖昧なままになっていたのだが、最後の20分ほどは、3者の調和が取れた、バランスのいい攻撃が出来ていて、今後に向けて明るいものとなった。

■ 予選は始まったばかり

まだまだ、予選は始まったばかりである。長丁場の戦いとなるので、辛抱強く見守っていく必要があるだろう。




人気ブログランキング参加中。この記事が面白かったときは、↓をクリックしてくださいね。

人気blogランキングへ一票068


 | TOP |  »



質問 俊輔には、来期、どこでプレーして欲しいですか?
セルティック(スコットランド)
リーガエスパニョーラ(スペイン)
プレミアリーグ(イングランド)
Jリーグ
その他

コメント



- ショッピングカート -

Calendar

« | 2007-02 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Categories

Jリーグ division1
 ├Jリーグ全般 (14)
 ├鹿島アントラーズ (2)
 ├浦和レッズ (3)
 ├大宮アルディージャ (2)
 ├ジェフ千葉 (3)
 ├柏レイソル (1)
 ├FC東京 (4)
 ├川崎フロンターレ (3)
 ├横浜Fマリノス (1)
 ├横浜FC (2)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (0)
 ├アルビレックス新潟 (2)
 ├清水エスパルス (5)
 ├ジュビロ磐田 (4)
 ├名古屋グランパス (3)
 ├ガンバ大阪 (3)
 ├ヴィッセル神戸 (2)
 ├サンフレッチェ広島 (2)
 └大分トリニータ (4)

Jリーグ division2
 ├コンサドーレ札幌 (1)
 ├ベガルタ仙台 (0)
 ├モンテディオ山形 (0)
 ├水戸ホーリーホック (1)
 ├ザスパ草津 (2)
 ├東京ヴェルディ1969 (1)
 ├湘南ベルマーレ (2)
 ├京都サンガFC (3)
 ├セレッソ大阪 (0)
 ├徳島ヴォルティス (1)
 ├愛媛FC (0)
 ├アビスパ福岡 (0)
 └サガン鳥栖 (0)

海外リーグ所属選手
 ├中村俊輔 (7)
 ├中田英寿 (1)
 ├森本貴幸 (1)
 ├宮本恒靖 (1)
 ├高原直泰 (1)
 └松井大輔 (1)

日本代表
 ├日本代表 (12)
 ├五輪代表 (3)
 ├U20日本代表 (0)
 └U17日本代表 (0)


Recent Trackbacks

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約